<< 今朝の春 みおつくし料理帖 | main | 誘爆 刑事の挑戦・一之瀬拓真 >>

桜の下で待っている

2018年284冊

彩瀬まる『桜の下で待っている』

ふるさとがテーマに書かれた作品が散りばめられています。 どんな気持ちでふるさとに足を運ぶのか、またふるさとを去るのか。 それぞれの気持ちの中に、軸となっているふるさとがあるから、人は生きていけるのかもしれない。

posted by: ミミ | 本・雑誌 | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 11:04 | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://mimi215.jugem.cc/trackback/8956