<< 屍人荘の殺人 | main | ○○○○○○○○殺人事件 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

2018年202冊
小川洋子『海』

短編集。再読。 不思議な空気感を纏う作品が揃っています。 その不思議さに魅力され何度も読みたくなります。 作品の中では「風薫るウィーンの旅六日間」が何度読んでも一番好き。最後に笑顔になります。
posted by: ミミ | 本・雑誌 | 12:26 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 12:26 | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://mimi215.jugem.cc/trackback/8798