<< のど飴 | main | おとなの週末 >>

2018年157冊
堂場瞬一『衆』
学生運動の最中、紛れ込んでいた男子高校生が死亡。 時が流れ、大学教授として母校に戻ってきた鹿野は、当時の事件の真相を探り始める。 いったいなぜ男子高校生は死んだのか。 忌まわしい記憶を呼び覚ます鹿野の行動が、当時見えなかった真実をあぶり出す。
posted by: ミミ | 本・雑誌 | 12:24 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 12:24 | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://mimi215.jugem.cc/trackback/8706