<< 新茶の季節 | main | やっと >>

お菓子タイム

昨日の日記で新茶の事を書きました〜〜

新茶の香り、味をじっくり味わいながら、お菓子も
頂きたいですよね(笑)
お菓子好きな管理人の発想です(^^ゞ

まずは、宇治の抹茶を使用した名物だんご
京都「豆政」の茶だんご

黒糖仕立てのわらび餅で餡を包み、抹茶きな粉を
まぶしてある、静岡「間瀬」のうさぎわらび餅

挽き茶入りの和三盆糖をまぶした滋賀の「いと重茶舗」の
埋れ木

鹿児島茶の風味が生きている東京「日本橋文明堂」の
お茶かすてら

などなど。。。

どれも新茶にあいそうでしょ???

食べたくなるでしょ(笑)








※※※諭吉君またね※※※

駐車場代 100円
posted by: ミミ | グルメ | 18:26 | - | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 18:26 | - | - |
トラックバック
 
http://mimi215.jugem.cc/trackback/304
 
2007/06/12 11:48 PM
Posted by: 福岡シティ情報バンク
鹿児島茶がヨーロッパでブレークしてる?
温暖な機構にはぐくまれた鹿児島茶が、ヨーロッパで愛飲されているそうです。鹿児島茶は、1965年ごろから本格栽培が始まりました。濃い緑茶で香りが強く、さっぱりした味。鹿児島茶の輸出に積極的に取り組んでいるのが、創業53年の緑茶メーカー「下堂園」16年前、ドイツ